サーフィンを始めたいあなたがやるべき行動はコレです|必要なのは気持ちだけ

「サーフィンを始めたい!」って思っても、周りにそんなサーファーがいなかったり、一緒に始める友達もいなかったり、海から遠い所に住んでいるからと考えていたら、いつまでたってもその一歩を踏み出すことはできません。

または、サーフィンは自然を相手にするスポーツということもあって、何だか敷居が高そうなイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。また、独特のサーフカルチャーもあったりして、容易に踏み込みがたい雰囲気もあるかもしれません。

今年こそはサーフィンに挑戦したい!でも、「サーフィンって一人でやっても大丈夫なの?」「サーフィンを一人で始める方法って?」など、一人でサーフィンを始めようと思っても、何がなんだかサッパリわかりませんよね?そんな、サーフィン初心者のあなたがとる行動はたった一つです。

それは、サーフィンスクールに入る!たったこれだけです。まずは、あなたが行きたい海の近くや、あなたの地元でサーフショップを探してみてください。



まずは、サーフショップでスクールに入ろう!

サーフィンを一人で始めるのは、ちょっとの勇気があれば簡単です。サーフポイントの近くには必ず「サーフショップ」があります。まずは、サーフポイントの近くのサーフショップに電話しましょう!ほとんどのショップでスクールは開催されていますので確認してみてください。

サーフィンスクールは、サーフィンのコーチが基本をしっかり教えてくれるし、海でのルールやマナーはもちろんですが、何よりサーフィンの楽しさ、海や波の素晴らしさと同時に、あなたの人生にはなかった素晴らしい体験ができるのではないでしょうか。

このサーフィンスクールではサーフボードはもちろんのこと、季節に応じたウェットスーツやボードと足をつなぐリーシュコードなど、サーフィンには欠かせない道具はすべて用意されていますので何の心配も必要ありません。あなたが用意するのは、身分証明書(ケガなどの保険加入のため)、水着、バスタオルだけでOKです。季節によっては日焼け止めなどを用意していると安心ですね。

多くのサーフィンスクールでは4~5名ほどの少人数で開催されますので、一人でも気軽に参加できるのも良いですね。また、スクールの時間は2時間程度、料金は5,000円~8,000円程度が多いようですね。




サーフィンスクールを通じて友達を作ろう!

サーフショップのサーフィンスクールのもう一つのおすすめポイントが、サーフィン仲間と出会えるということです。サーフィンは基本的に一人でやるスポーツですが、やっぱりサーフィン仲間がいた方が楽しいに決まってます。だけど、サーフィン初心者が一人で海に行って友達作るのは、かなりハードル高くないですか?そんな時にも頼りになるのがスクール仲間です。

多くのサーフィンスクールでは、参加者同士でスクールが終わっても一緒にサーフィンの練習したり、連絡先やメール交換も頻繁に行われています。当然、同じスクールで出会うということは、自宅が近かかったり、仕事などでの休みも同じだったりと多くの共通点もあるのではと思います。また、サーフィンスクールは何度か通ってみることをおすすめします。その方が、あなたと共感できる方との出会いも高まるのではと思いますよ。

サーフィンは、海に入ったら個人で波に乗って楽しむスポーツかもしれませんが、海までの道中や、波に乗る感覚を共有できる仲間や友達がいることでさらに楽しくなります!

サーフィン初心者は同じポイントへ通いましょう!

サーフィン初心者のうちは、一つのポイントを選んで通い続けることをおすすめします。サーフィンは自然が相手のスポーツですので、その日の海のコンディションも様々です。波が小さい日や大きい日、風が強い日や流れ(カレント)が強い日など、いつもコンディションが同じではありません。このような違いを判断できるのも日頃から通いなれたビーチだからこそです。

サーフポイントが違えば波も別物、人も別物です。初心者のうちは、必ずあなたのホームポイントを作ってください。そうすることで、立ち振る舞いも自然と身について、心に余裕を持ってサーフィンできることでしょう。また、一つのポイントに通い続けることで、周りのサーファーに顔を覚えられますので、顔見知りも増えて安心感も得られます。サーフィン上達にも、この安心感は大切です。

サーフィンは、身も心も自由になるためのスポーツです。あなたに合ったホームポイントを見つけて始めてみてはいかがでしょう。




 

関連記事

  1. 【DHDミニツイン2】一家に一本のツインってどう?乗った感想とオススメ…

  2. サーフィンを自分の子供に教えた時に私が心掛けていたこと3つ!

  3. サーフィンにハマった者にもれなく発生する問題とそれでもやめない理由

  4. 【サーフィン保険】サーフィン中の事故に備えるリスク管理の方法【裏ワザ】…

  5. サーフィンを始めることであなたに現れる5つの変化とライフスタイル!

  6. 冬のサーフィンをある程度快適にするサーフグッズ7選【自作あり】

  7. サーフィン移住の現実的な選択は宮崎県!その方法をすべてまとめた!

  8. surf ears

    【SurfEars3.0】冬サーフの強い味方の特徴や使用後の感想

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPECIAL POSTS【スペシャル】

  1. F1

    【完全ガイド】2022年F1GPのTV視聴手順を…
  2. Gym

    カーブスとファディは何が同じで何が違う?それぞれ…
  3. Diet food

    Dietician(ダイエティシャン)の特徴とプ…
  4. Body make

    「ジム」×「通信パーソナル」最強説!国内初のサー…
  5. Diet

    SOELU(ソエル)無料体験レッスン予約は秒で完…
  6. Gym

    カーブスの入会手順と入会前に知っておきたいお得情…

POPULAR POSTS【人気】

  1. Body make

    マイプロテイン「抹茶ラテ」飲んでみた率直な感想!…
  2. Life

    フォルツァSiのリアブレーキパッド交換手順・必要…
  3. Body make

    【マイプロテイン】アルファメンの特徴と意外でビッ…
  4. Diet

    ホットヨガスタジオでダイエット効果を下げるNGな…
  5. Diet

    ホットヨガスタジオに通いたい!ダイエット目的で選…
  6. Surfing

    サーフボード7本目のネット購入はDHDフェニック…

NEW POST【新着】

  1. Body make

    筋トレは毎日?頻度とボリュームの関係からわかる効…
  2. Gym

    エニタイムフィットネスなどの24時間ジムが初心者…
  3. F1

    【完全ガイド】2022年F1GPのTV視聴手順を…
  4. Gym

    カーブスとファディは何が同じで何が違う?それぞれ…
  5. Net life

    【超簡単】Xサーバーでワードプレスを使ったブログ…
  6. Diet food

    Dietician(ダイエティシャン)の特徴とプ…
  7. Surfing

    人生を変えたいあなたにサーフィンを勧める5つの理…
  8. F1

    2021年F1最終戦アブダビGPのTV放送時間と…

ARCHIVES