サーフィンを始めたいあなたがやるべき行動は1つ!一人が始めやすい

最終更新日:2022.5.11

「サーフィンを始めたい!」って思っても、周りにそんなサーファーがいなかったり、一緒に始める友達もいなかったり、海から遠い所に住んでいるからと考えていたら、いつまでたってもその一歩を踏み出すことはできません。

または、サーフィンは自然を相手にするスポーツということもあって、何だか敷居が高そうなイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。また、独特のサーフカルチャーもあったりして、容易に踏み込みがたい雰囲気もあるかもしれません。

今年こそはサーフィンに挑戦したい!でも、「サーフィンって一人でやっても大丈夫なの?」「サーフィンを一人で始める方法って?」など、一人でサーフィンを始めようと思っても、何がなんだかサッパリわかりませんよね?そんな、サーフィン初心者のあなたがとる行動はたった一つです。

それは、サーフィンスクールに入る!たったこれだけです。まずは、あなたが行きたい海の近くや、あなたの地元でサーフショップを探してみてください。




 

まずは、サーフショップでスクールに入ろう!

サーフィンを一人で始めるのは、ちょっとの勇気があれば簡単です。サーフポイントの近くには必ず「サーフショップ」があります。まずは、サーフポイントの近くのサーフショップに電話しましょう!ほとんどのショップでスクールは開催されていますので確認してみてください。

サーフィンスクールは、サーフィンのコーチが基本をしっかり教えてくれるし、海でのルールやマナーはもちろんですが、何よりサーフィンの楽しさ、海や波の素晴らしさと同時に、あなたの人生にはなかった素晴らしい体験ができるのではないでしょうか。

このサーフィンスクールではサーフボードはもちろんのこと、季節に応じたウェットスーツやボードと足をつなぐリーシュコードなど、サーフィンには欠かせない道具はすべて用意されていますので何の心配も必要ありません。あなたが用意するのは、身分証明書(ケガなどの保険加入のため)、水着、バスタオルだけでOKです。季節によっては日焼け止めなどを用意していると安心ですね。

多くのサーフィンスクールでは4~5名ほどの少人数で開催されますので、一人でも気軽に参加できるのも良いですね。また、スクールの時間は2時間程度、料金は5,000円~8,000円程度が多いようですね。

サーフィンスクールを通じて友達を作ろう!

サーフショップのサーフィンスクールのもう一つのおすすめポイントが、サーフィン仲間と出会えるということです。サーフィンは基本的に一人でやるスポーツですが、やっぱりサーフィン仲間がいた方が楽しいに決まってます。だけど、サーフィン初心者が一人で海に行って友達作るのは、かなりハードル高くないですか?そんな時にも頼りになるのがスクール仲間です。

多くのサーフィンスクールでは、参加者同士でスクールが終わっても一緒にサーフィンの練習したり、連絡先やメール交換も頻繁に行われています。当然、同じスクールで出会うということは、自宅が近かかったり、仕事などでの休みも同じだったりと多くの共通点もあるのではと思います。また、サーフィンスクールは何度か通ってみることをおすすめします。その方が、あなたと共感できる方との出会いも高まるのではと思いますよ。

サーフィンは、海に入ったら個人で波に乗って楽しむスポーツかもしれませんが、海までの道中や、波に乗る感覚を共有できる仲間や友達がいることでさらに楽しくなります!




サーフィンは一人だからこそ始めやすい!

今はインターネットという強い味方がいます。また、それを使ってあなたも、こちらのページを見ていると思います。サーフィンに必要な道具も調べればわかるし、なんなら手に入れることも簡単です。海のことや波の事もググれば、すぐにその情報を手にすることができます。

必要な道具や技術に関すること、波に関することなど、初心者の方が必要とする情報は簡単に手に入れることはできます。各サーフポイントやその波情報は「BCM波情報」「なみある?」「波伝説」等の有料波情報サイトに登録することにより、さらに詳細な情報も得られます。

だけど、欲しい情報や道具が手に入って実際に海に通ってサーフィンをしようと思っても、それを行動に移せないのはなぜでしょうか?仲間や友達がいないことが原因でしょうか?なら、それは大丈夫です。なぜなら「サーフィンは一人でするもの」だから。

そしてもう一つ、初心者の人が数人で海へ来てサーフィンを始めるのは、本人達はそれが良いのかもしれません。でも、多くのサーファーは結構迷惑に思っているものです。むしろ、一人の方が歓迎されたりもするものです。

サーフィンはひとりだから始めやすい。まわりは関係ないし、自分一人が決断するだけだからシンプルだし簡単です。




一人の方がよっぽど安全!


初心者であってもエキスパートであっても、サーフィンは仲間同士で波をシェアできれば最高ですよね。しかし、この仲間の存在が初心者にはマイナスに働くことが多々あります。

たとえば、初心者同士で海へ行くと…

● 仲間がいるからと無理してしまう
● 仲間同士でしゃべってばかりで周囲を見ていない
● 必ず仲間の中に足を引っ張るヤツがいる

仲間同士と言えば聞こえが良いですが、サーファーから見ると「初心者同士でつるんで…」と、まずは良い印象を与えません。そして一番の問題となるのが、経験もスキルもない初心者同士で、その日のコンディションや他のサーファーなどを初心者目線で判断してしまうことです。

一人じゃないから安心だと思っても、その判断がそもそも経験不足とスキル不足ではあてになりません。実際には、何の助けにもならない仲間同士でしゃべってばかりで、必ずと言っていいほど周囲を見ないチャランポランのヤツがいて足を引っ張ることもあるでしょう。

これが一人だと…

● 一人だから情報や知識を得ようとする
● 一人だから周りに気を配る
● 一人だから逆に周りから気にしてもらえる
● 一人だから無理しない

自分一人だったら事前に情報を集めたり勉強したりするでしょう。また、不安があるから慎重にもなります。そして、一人だから余計に周囲に気を配るようになるし、逆に周りからも気にされることにもなります。

そこで大事なのが、初心者の間は同じポイントへ通い続けることです。そうすることで、そのポイントの波の癖や危険な場所、一定以上のコンディションで発生するカレント(潮の流れ)などの知識が身についてきます。また一人だからこそ、周りのサーファーにも顔を覚えてもらいやすくなります。

一人だから海へもコツコツ通える!

一人でサーフィンを始める最大のメリットは、そのフットワークの軽さにあります。これが仲間同士だと、その都度都合をつけるのも大変ですし、なにより面倒です。

それが一人だったら自分の行きたい時、いける時に行動を起こせます。何より初心者は、どれだけ海に通ったかが勝負なので、このフットワークの軽さは大きなアドバンテージとなります。

とはいっても、初心者だから何が正解なのか分からないまま、手探りで進めるのも大変ですよね。そこにも、ショップのスクールから始める大きな理由がある訳です。もちろん、スクールは基礎を教えてはくれますが、その後はどれだけ海に通って実践したかが勝負です。

私の場合は、このサーフショップにスクールなるものがある事を当時は知らず、またポイントの前のショップのオーラというか、そこに集うサーファーの雰囲気なんかに圧倒されてしまい、全くの独学からスタートしました。ひたすらスープライダーの繰り返しです。そして、自分よりも数歩先のサーファーを見つけては練習の参考にしていましたね。

今のように便利なネットなどはないから、知り合いのそのまた知り合いの中古のボードと、二束三文のウエットを手に入れて、毎週末同じポイントに通って数か月経った頃には、ある程度のスキルと知識が身についてきます。と同時に、自分のダサさにも気づく訳です。

そこで初めて、ポイント前の敷居が高いと感じていたショップに飛び込むことになります。でも実際は、自分で思っていたような感じは全然なく、とてもフレンドリーで集まるサーファーも周りが良く見えてなかった頃の自分が感じたようなこともなかったですね。

もう、この頃になると自分のレベルとかはどっかに置いといて、どっぷりとハマってしまいました。そして、現在に至ってます。これからサーフィンを始めようと思っているのなら、お気に入りのポイントとお気に入りのショップを見つけてみてはいかがでしょう。




一人でも仲間や友達は自然とできます!


仲間と一緒に出掛けるサーフィンは、それはそれで楽しいですよね。でも、このサーフィン仲間は私の経験上、サーフィンを始めることで勝手に後からついてくる場合が多かったです。もちろん、海で出会って友達になることもありますが、以前からの友達や知り合いがサーフィンを始めるようになるってことが結構あります。

そして、これが不思議なのですが自然とサーファーらしき人が周りに現れてきます。自然と向こうから寄ってきますし、自分にもサーファーを嗅ぎ分ける能力みたいなものがついてきているから、自分からも寄って行くようにもなります。その中には必ず、自分と波長が合う人がいるものです。

また、同じポイントへ通っていると段々と自分の視野も広くなってくるはずです。自分と同じような環境の人を見つけることがあるかもしれません。多分、相手の人もあなたと同じ気持ちだったりしますから、自分から声をかけると良いですよ。

一人で始めるサーフィンはメリットしかない…かも?!

サーフィンには独自の文化が存在していて関り難くかったり、その雰囲気から容易に始めることも難しいかもしれません。それも、一人だったら余計に不安にもなるでしょう。でも、実際に海に足を運んでしまえば「何て、無駄なことで悩んでいたんだろう…」と思うものです。

サーフィンは仲間と一緒が楽しいのは当たり前です。でも、一人だからこその最大のメリットが次の2つ!

● 自分の都合でサーフィンできる!
● 新しい仲間ができる!

サーフィンを一人で始める最大のメリットが、好きなだけサーフィンができるということです。海から上がりたいときに上がって、入りたいときに入れます。

でも、これが誰かと一緒にサーフィンを始めると、そうはいきません。友達同士でサーフィンを始めると、和気あいあいと楽しむことはできますが、好きなだけ練習をするのが難しくなりますし、相手に合わせなくてはなりません。これは、結構なストレスとなります。

そしてサーフィンは一人で始めるからこそ、サーフィンを通じて仲間や友達が自然と増えます。これが、友達同士でサーフィンを始めると、いつまで経ってもそのグループからなかなか抜け出すことができません。

サーフィンはひょっとすると、あなたのライフスタイルをガラリと変えてしまうかもしれません。また、人生そのものにも影響してくることもあるでしょう。なので、海で出会う仲間や友達は、これまでのあなたのライフスタイルにはなかったエッセンスを与えてくれます。

サーフィン初心者は同じポイントへ通いましょう!


サーフィン初心者のうちは、一つのポイントを選んで通い続けることをおすすめします。サーフィンは自然が相手のスポーツですので、その日の海のコンディションも様々です。

波が小さい日や大きい日、風が強い日や流れ(カレント)が強い日など、いつもコンディションが同じではありません。このような違いを判断できるのも日頃から通いなれたビーチだからこそです。

サーフポイントが違えば波も別物、人も別物です。初心者のうちは、必ずあなたのホームポイントを作ってください。そうすることで、立ち振る舞いも自然と身について、心に余裕を持ってサーフィンできることでしょう。

また、一つのポイントに通い続けることで、周りのサーファーに顔を覚えられますので、顔見知りも増えて安心感も得られます。サーフィン上達にも、この安心感は大切です。

サーフィンは、身も心も自由になるためのスポーツです。あなたに合ったホームポイントを見つけて始めてみてはいかがでしょう。

まとめ:一人でもスクールに入ればOK


サーフィンを始めたいけど一人だからと不安を感じている人へ向けて、一人でも始めやすいサーフィンの方法と、一人だからのメリットみたいなことについて、まとめてみました参考になったでしょうか。

何か新しいことをひとりで始める時には、いつも勇気が必要です。サーフィンを始める時も同じことです。でもそれも、実際にあなたが行動しなければ必要ありません。この小さな勇気が、あなたにワクワクする未来を与えてくれるでしょう。




 

関連記事

  1. 人生を変えたいあなたにサーフィンを勧める5つの理由【人生論】

  2. サーフボード選びは適正浮力(容積:リッター数)だけを意識すればOKです…

  3. サーフィンのために移住を考え出したあなたは行動するしかない!?

  4. サーフィンを始めることであなたに現れる5つの変化とライフスタイル!

  5. 日本のサーフスター五十嵐カノアの地元カリフォルニアの日常と舞台裏

  6. サーファーの体型がパフォーマンスに影響する理由3つと管理の方法!

  7. サーフィンを自分の子供に教えた時に私が心掛けていたこと3つ!

  8. 【無料】波情報サイトはこの2つでOK!ただし検証するべし!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPECIAL POSTS【スペシャル】

  1. Women's gym

    FURDI(ファディ―)の特徴や料金と無料体験の…
  2. Diet food

    KETOS(ケトス)の特徴や口コミからオススメの…
  3. Body make

    初心者こそ使うべき!もう1レップを可能にする筋ト…
  4. F1

    【完全ガイド】2022年F1GPのTV視聴手順を…
  5. Gym

    カーブスとファディは何が同じで何が違う?それぞれ…
  6. Diet food

    Dietician(ダイエティシャン)の特徴とプ…

POPULAR POSTS【人気】

  1. Body make

    マイプロテイン「抹茶ラテ」飲んでみた率直な感想!…
  2. Life

    フォルツァSiのリアブレーキパッド交換手順・必要…
  3. Body make

    【マイプロテイン】アルファメンの特徴と意外でビッ…
  4. Diet

    ホットヨガスタジオでダイエット効果を下げるNGな…
  5. Diet

    ホットヨガスタジオに通いたい!ダイエット目的で選…
  6. Surfing

    サーフボード7本目のネット購入はDHDフェニック…

NEW POST【新着】

  1. Women's gym

    ファディーとボディーズの違いを教えます!それぞれ…
  2. Women's gym

    Bodies(ボディーズ)特徴や料金と無料体験の…
  3. Women's gym

    FURDI(ファディー)の退会で注意すること3つ…
  4. Surfing

    サーフィンを始めたいあなたへ「覚悟して来てる人」…
  5. Body make

    コーヒー系では格別の美味しさ!マイプロテインのア…
  6. Women's gym

    カーブスとボディーズ似てるようで何か違う!比較し…
  7. Women's gym

    FURDI(ファディ―)の特徴や料金と無料体験の…
  8. Diet

    運動なしで痩せたい!脂質制限ダイエットの始め方か…

ARCHIVES