ボディメイクとダイエットの違い3つ!似ているようで全く違うその目的!

最近よく耳にするボディメイクという言葉をご存知でしょうか?このボディメイクとダイエットの違いをご存知でしょうか?または、この2つを同じような意味で捉える方が多いかもしれません。

こちらの記事では、ボディメイクとダイエットの大きな違いをまとめています。美しい体作りを目指すなら、この違いを是非理解しておきましょう!




 

ボディメイクとダイエットの違いはこの3つ!

● 目的
● 対象物
● トレーニング

ボディメイクとダイエットは、大きく上記3つの違いがあります。一般的にダイエットは「痩せるのも目的とした減量」のことのようですが、一方のボディメイクは「痩せることだけではなく、トレーニングを主とした理想の体作り」に対して使われる言葉です。

ダイエットもボディメイクも食事の見直しや制限、同時に適度な運動や時にはハードな運動を取り入れることが、最適な方法とはなるのですがダイエットとボディメイクとでは、そのやり方や考え方にも違いがあるようです。

● ボディメイクとダイエットは「目的」が違う!

ボディメイク:理想の体作り
ダイエット:理想の体重

ダイエットの大きな目標は「減量」です。それのみにフォーカスしていると言って良いでしょう。体重の減少はあっても体型の変化はありません。なのでダイエットを成功しても、同じ体型のまま体重が減るだけとなります。

一方のボディメイクは、体重の減少は特に関係ありません。トレーニングやエクササイズで体を引き締めたり、筋肉をつけてメリハリをつけた理想の体作りがその大きな目的です。理想の体に近づいていれば体重の増減は気になりません。

ダイエットで60kgになった人と、ボディメイクを行って60kgになった同じ体重の人では、同じ体重でありながらその見た目は大きく違います。ダイエットは成功しても、サイズダウンするだけで体型は変わりません。ボディメイクとダイエットは、その「目的」に大きな違いが生まれるということです。

● ボディメイクとダイエットは「対象物」が違う!

ボディメイク:鏡
ダイエット:体重計

ボディメイクとダイエットは体型や体重といった違いから、その過程でフォーカスする対象物にも違いが生まれます。ダイエットの目的は単純に減量目的なので、常に気にするのは体重計の針となるでしょう。

一方のボディメイクでは体型の変化を目的としていることから、その対象物は鏡になるということです。体重の増減ではなく常に気になるのは、その体型を映し出す鏡のみです。

ダイエットは理想の体重へ近づいているのか、またボディメイクは理想の体に近づいているのかを確認するためにも、その対象となるものにも大きな違いが生まれます。

● ボディメイクとダイエットは「トレーニング」が違う!

ボディメイク:ウェイトトレーニング
ダイエット:自重トレーニング

ダイエットは食事の制限だけで行う方も少なくありませんが、この食事のみのダイエットでは間違いなくリバウンドが起こります。また、健康的にダイエットすることも難しいでしょう。

なのでダイエットであっても、適度なトレーニングを併用することが最良の方法となるでしょう。また、ボディメイクでは必須となるのが、このトレーニングです。

ダイエットでは、ハードなトレーニングは必要ありません。またダイエット目的の人はハードなトレーニングも望んでいないのかもしれません。なので、簡単に自宅でも行える「自重トレーニング」やヨガやピラティスなどのエクササイズを取り入れることが一般的なようです。

ボディメイクは「自重トレーニング」では効率も悪く、遠回りになることから高負荷を与える「ウェイトトレーニング」が必須となります。下半身が気になるなら下半身を重点的に、二の腕が気になるなら二の腕、といったように部位別でメリハリをつけるためには、必ずウェイトトレーニングが必要となるのです。

まとめ:自分が目指すものと合った方法で始めよう!


ダイエットは食事制限のみで行う方が多いですが、リバウンドや健康のためにも適度な運動を習慣化することをオススメします。最近では自宅で簡単に始められるオンラインフィットネス・サービスが充実していmす。また、無料で始めることができるので、そいったサービスを利用するのも良いでしょう。

そして、ボディメイクは理想の体作りを目指すものですが、自己流で行うと筋肉を傷めてしまったり、ケガをする可能性も否定できません。なので、不安があればジムに通ってトレーナーなどの専門家にアドバイスを受けたり、またはネットでそういった専門家の情報収集をしてみても良いかもしれません。

ダイエットとボディメイクにはそれぞれの違いや特徴があります。結局、自分はどうなりたいのか?を自問自答してみて、自分にあった方法で始めてみるのが良いのではないでしょうか。




 

関連記事

  1. 筋トレは毎日?頻度とボリュームの関係からわかる効果的な回数とは?

  2. ダイエットで体脂肪を減らしたいなら絶対にやってはいけない4つのこと!

  3. 【最新】ボディメイクに欠かせないプロテインの摂取方法まとめ

  4. 【マイプロテイン】アルファメンの特徴と意外でビックリな効果と口コミ

  5. 【マイプロテイン】購入時のポイントと注意事項をまとめてみました!

  6. ダイエット失敗を限りなくゼロにするカロリー計算式とPFCバランス

  7. 【筋トレ初心者】ボディメイクの方法は2つ!そのメリットとデメリット

  8. マイプロテイン「北海道ミルク」飲んでビックリ!もう「ご褒美でしかない」…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPECIAL POSTS【スペシャル】

  1. Women's gym

    FURDI(ファディ―)の特徴や料金と無料体験の…
  2. Diet food

    KETOS(ケトス)の特徴や口コミからオススメの…
  3. Body make

    初心者こそ使うべき!もう1レップを可能にする筋ト…
  4. F1

    【完全ガイド】2022年F1GPのTV視聴手順を…
  5. Gym

    カーブスとファディは何が同じで何が違う?それぞれ…
  6. Diet food

    Dietician(ダイエティシャン)の特徴とプ…

POPULAR POSTS【人気】

  1. Body make

    マイプロテイン「抹茶ラテ」飲んでみた率直な感想!…
  2. Life

    フォルツァSiのリアブレーキパッド交換手順・必要…
  3. Body make

    【マイプロテイン】アルファメンの特徴と意外でビッ…
  4. Diet

    ホットヨガスタジオでダイエット効果を下げるNGな…
  5. Diet

    ホットヨガスタジオに通いたい!ダイエット目的で選…
  6. Surfing

    サーフボード7本目のネット購入はDHDフェニック…

NEW POST【新着】

  1. Body make

    【超簡単】エニタイムフィットネスの退会や休会の方…
  2. Surfing

    【CI FISH購入比較】一家に二本あると完璧な…
  3. Women's gym

    トレーナーに聞いた|50代女性がカーブスで結果を…
  4. Women's gym

    ファディーとボディーズの違いを教えます!それぞれ…
  5. Women's gym

    Bodies(ボディーズ)特徴や料金と無料体験の…
  6. Women's gym

    FURDI(ファディー)の退会で注意すること3つ…
  7. Surfing

    サーフィンを始めたいあなたへ「覚悟して来てる人」…
  8. Body make

    コーヒー系では格別の美味しさ!マイプロテインのア…

ARCHIVES