2022年F1レギュレーションはどう変わった?新規格のF1マシンを解説!

最終更新日:2022.3.9

2022年のF1グランプリの開幕が近づいてきました。2022年のF1は全く新しいレギュレーションとなって、F1にとっては大改革のシーズンとなるようです。こちらのページでは、2022年のF1シーズンのレギュレーション変更のポイントとグランプリやプレシーズンテスト日程をまとめています。




 

2022 F1レギュレーション変更ポイント

● 空力コンセプトの変更
● 18インチタイヤ導入
● Q2タイヤ使用義務の廃止
● E10燃料の導入
● スプリント予選の名称とポイントを変更

2022年のF1レギュレーションの大きな変更となるのは、上記5つがありそうです。まず、2022年のF1マシンはオーバーテイクを増やす目的で、空力コンセプトの大幅な変更が行われます。

まず、複雑すぎたフロントウイングやバージボード周りの形状が2022年は廃止されています。マシン後方に乱気流を発生させるこれらのパーツを簡素化することで、後続車が接近しやすくオーバーテイクを促す効果が期待できます。

フロントウイングは一枚のパーツで作らなければならないと規定されたことで、これまでのウイングとは形状が大きく異なり、その効果と役割は小さなものへと変更されるでしょう。

加えて、13インチタイヤから18インチタイヤへの変更で、従来のF1マシンとは大きく異なる見た目となるでしょう。また、タイヤ関連として予選Q2を突破したタイヤでの決勝レースのスタート義務が廃止され、決勝レースのスタートタイヤは自由に選択できるようになります。

2021年のF1マシンはガソリンに7,5%のエタノールを配合した燃料を使用していましたが、2022年はその配合量が10%となります。尚、この配合量アップで予想されたパワーダウンは、燃料メーカーの研究・開発によってゲインしたと言われています。

F1マシンとは直接関係はありませんが、2021年で3戦行われた「スプリント予選」が「スプリント」と名称を変更して、2022年も第4戦、第11戦、第22戦の計3戦での開催も決定しています。

尚、2021年では3位までがポイント対象でしたが、2022年は8位まで8点〜1点までそれぞれにポイントが与えられるようになりました。




パワーユニットのレギュレーション【開発の凍結】

2022年F1のパワーユニットに関連するレギュレーション変更はありませんが、2025年まではパワーユニットの開発が凍結されます。F1は2026年から新規定のパワーユニットが導入される予定になっていますが、開発凍結を行うことで新しいメーカーの参入を促す目的があります。

というのも、2025年までパワーユニットの開発を凍結することで、次期パワーユニットの準備をするための時間が生まれます。現在参戦中のメーカーと参戦したい新しいメーカーにもメリットがあると判断されたようです。

このパワーユニット開発の凍結が2022年より開始されます。しかし、ICE、ターボチャージャー、MGU-H、排気システム、燃料が3月1日、MGU-K、エナジーストア、コントロール・エレクトロニクスは9月1日が開発凍結の期限となっていることから、各メーカーは期限までは開発競争が行われているはずです。

2014年から現行レギュレーションが開始されましたが、圧倒的なパフォーマンスを発揮したのがメルセデスでした。メルセデスはホンダを含めたメルセデス以外のメーカーが採用していた、ターボチャージャーとMGU-Hを一体化したレイアウトではなく、分割して搭載することに成功したメーカーでした。

パフォーマンスに苦しんでいたホンダが2017年になって、メルセデス同様のターボチャージャーとMGU-Hを分割して搭載するレイアウトに変更したことで、2021年のドライバーズチャンピオンを獲得するマシンへとなったのは周知の通りです。

このメルセデス方式の分離レイアウトは現在、メルセデスとホンダのみとなっています。しかし、2025年までのパワーユニットのパフォーマンスの基準となる開発が今シーズンまでとなることから、ルノーやフェラーリもメルセデス方式に変更するかもしれないと言われています。

そこで、このパワーユニットをF1初心者にもわかりやすくまとめてみました。まず、F1のパワーユニットは下記5つのコンポーネントから成り立っており、そのすべてをECUエンジンコンピューターが統合的に制御しています。

● エンジン(ICE)
● 運動エネルギー回生システム(MGU-K)
● 熱エネルギー回生システム(MGU-H)
● バッテリー(ES)
● コントロール・エレクトロニクス(CE)

*画像引用元:mercedes amg f1.com

エンジン(ICE)

● 排気量・・・・・・1.6リットル
● 最大回転数・・・・15,000rpm
● バンク角・・・・・90度
● 気筒数・・・・・・6気筒
● 最大燃料流量・・・110kg/時
● 最小重量・・・・・145kg

一般的にエンジンと呼ばれる内燃機関がICEです。2013年までの2,4リッターから1,6リッターへのダウンサイジング化(小規模化)が行われています。燃料の使用量も現行レギュレーションでは35%程度も抑えられ、燃費に厳しいコースによっては燃料をセーブしなければならない場合もあります。

運動エネルギー回生システム(MGU-K)

市販のハイブリッド車が採用しているのが、この「運動エネルギー回生システム」と同じシステムとなります。モーターとジェネレーター(発電機)ユニットを利用し、運動エネルギーを電気エネルギーに変換する装置がこれです。

クルマを減速するときにはブレーキをかけますが、このブレーキング時に発生した熱エネルギーを、モーターとジェネレーターユニットを作動させて回収して、熱エネルギーを電気に変換してバッテリーに蓄えます。ただし、MGU-Kは120kWまでしか蓄えることができません。

このMGU-Kに蓄えたエネルギーでタイヤを駆動させることで、MGU-Kの最大出力120kW=161馬力をプラスしてマシンを走らせることができます。ストレートエンドでブレーキランプのように点滅するのは、このエネルギーが切れたことを後続車へと知らせて追突を防ぎます。

熱エネルギー回生システム(MGU-H)

F1だけに採用される熱エネルギー回生システム(MGU-H)は、エンジン(ICE)から放出される排気ガスの熱エネルギーを電気エネルギーに変換し再利用するための装置です。

MGU-Hで生成されたエネルギーは即座に使うか、もしくはMGU-Kのようにバッテリーに蓄えることができます。また、MGU-HはMGU-Kのように回生エネルギー量に制限がありませんが、バッテリーからMGU-Kへの転送には1周あたり最大2MJという上限が定められています。

MGU-Hで回生したエネルギーはターボラグの解消に使われます。ターボラグはコーナーの出口でのアクセルオン時に発生しますが、ターボの代わりにMGU-Hがコンプレッサーを稼働させることで、このターボラグを解消して加速することが可能となります。

復帰当初のホンダが苦戦したのがMGU-Hの領域だと言われています。MGU-Hの回生エネルギー量には制限が設けられていません。パワーユニットの開発競争は、このMGU-Hの開発とイコールとなることからパフォーマンスに大きく直結する領域となります。

バッテリー(ES)

F1マシンに搭載されるバッテリーは、一般のクルマに使用されるバッテリーとは当然ながら大きく異なります。このESはエネルギー回生システムから送られてくるエネルギーを一時的に保存しておくために使われます。

ここで蓄えられたエネルギーを使用するためには、ESからMGU-Kへとエネルギーを転送する必要があります。実際にマシンのタイヤ駆動をアシストするのはMGU-Kとなります。尚、ESの大きさは20~25kgに制限されています。

コントロール・エレクトロニクス(CE)

パワーユニット全体を制御するための電子デバイスがコントロール・エレクトロニクス(CE)です。燃料流量や点火のタイミング、回生エネルギーを放出するデプロイメントのタイミングや量など、あらゆる動作を管理・コントロールするためのコントロールユニットとなります。

デプロイメントのタイミングや量はサーキットによって様々な設定が行われますが、このデプロイの設定が大きくレースを左右することも少なくありません。尚、コントロール・エレクトロニクスはレギュレーションによって、全チームがマクラーレン製を使うことが義務付けられています。




2022 F1チーム(ドライバー・パワーユニット)

チーム名 パワーユニット ドライバー
レッドブル HRC マックス・フェルスタッペン / セルジオ・ペレス
メルセデス メルセデス ルイス・ハミルトン / ジョージ・ラッセル
マクラーレン メルセデス ダニエル・リカルド / ランド・ノリス
アストンマーティン メルセデス セバスチャン・ベッテル / ランス・ストロール
アルピーヌ ルノー フェルナンド・アロンソ / エステバン・オコン
フェラーリ フェラーリ シャルル・ルクレール / カルロス・サインツ
アルファタウリ HRC ピエール・ガスリー / 角田裕毅
アルファロメオ フェラーリ バルテリ・ボッタス / 周 冠宇
ハース フェラーリ ミック・シューマッハ / ニキータ・マゼピン
ウイリアムズ メルセデス アレックス・アルボン / ニコラス・ラティフィ

2022年のF1チームとドライバー、搭載されるパワーユニットは上記の通りです。2022年F1デビューとなるドライバーとして、F1初の中国人ドライバー周 冠宇(ジョウ・グアンユー)が唯一の新人ドライバーとなります。

チーム移籍となるのはウィリアムズからメルセデス加入となるジョージ・ラッセル。ラッセルにシートを奪われた形のバルテリ・ボッタスがアルファロメオに移籍。

そしてジョージ・ラッセルの移籍に伴って空いたシートに、レッドブルから2年振りにドライバー復帰する形でアレックス・アルボンがウイリアムズ加入となっています。

尚、2021年限りで撤退したホンダですが引き続き、レッドブルとアルファタウリにHRC製としてパワーユニットの供給を行います。

2022年 F1カレンダーとプレシーズンテスト日程

2022 F1カレンダー

Rd 予選 決勝
第1戦 バーレーンGP 3/20(日)00:00 3/21(月)00:00
第2戦 サウジアラビアGP 3/27(日)2:00 4/28(月)22:00
第3戦 オーストラリアGP 4/9 (土) 15:00 4/10 (日) 14:00
第4戦 エミリア・ロマーニャGP 4/23(土)23:00 4/24(日)22:00
第5戦 マイアミGP 5/8(日)5:00 5/9(月)4:00
第6戦 スペインGP 5/21(土)23:00 5/22(日)22:00
第7戦 モナコGP 5/28(土)23:00 5/29(日)22:00
第8戦 アゼルバイジャンGP 6/11(土)23:00 6/12(日)22:00
第9戦 カナダGP 6/19(日)5:00 6/20(月)3:00
第10戦 イギリスGP 7/2(土)23:00 7/3(日)23:00
第11戦 オーストリアGP 7/9(土)23:00 7/10(日)22:00
第12戦 フランスGP 7/23(土)23:00 7/24(日)22:00
第13戦 ハンガリーGP 7/30(土)23:00 7/31(日)22:00
第14戦 ベルギーGP 8/27(土)23:00 8/28(日)22:00
第15戦 オランダGP 9/3(土)23:00 9/4(日)22:00
第16戦 イタリアGP 9/10(土)23:00 9/11(日)22:00
第17戦 ロシアGP 9/24(土)22:00 9/25(日)20:00
第18戦 シンガポールGP 10/1(土)22:00 10/2(日)21:00
第19戦 日本GP 10/8(土)16:00 11/9(日)14:00
第20戦 アメリカGP 10/23(日)7:00 10/24(月)4:00
第21戦 メキシコGP 10/30(土)5:00 10/31(日)5:00
第22戦 サンパウロGP 11/13(日)3:00 11/14(月)2:00
第23戦 アブダビGP 11/19(土)23:00 11/20(日)22:00

2022 プレシーズンテスト日程【放送日時】

開催地 日時
バルセロナ 2月23日(水)〜2月25日(金)
バーレーン 3月10日(木)〜3月12日(土)

2022年のF1カレンダーとプレシーズンテストの日程は上記の通りとなります。2022年シーズンも動画配信サービスDAZNとフジテレビでの全セッションの放送が決定しています。

* バーレーンテストはDAZNが全セッションを生配信、フジテレビNEXTは午後のセッションの生放送が決定しています。

【フジテレビNEXT バーレーンテスト放送日時】
● 3/10(木) 20:30~25:10 (生放送)
● 3/11(金) 20:30~25:10 (生放送)
● 3/12(土) 20:30~25:10 (生放送)




 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2021年F1のTV中継はフジテレビNEXT!その視聴手順を徹底解説!…

  2. 【2020F1】日本GPチケット価格と各席の特徴からタイプ別のオススメ…

  3. 【完全ガイド】2022年F1GPのTV視聴手順を徹底解説【CSフジテレ…

  4. 【比較】F1のDAZNからNEXTへの乗り換え急増の理由は川井一仁だっ…

  5. 【2020F1】これを見れば開幕前の予習ができる!【GPニュース】

  6. 【無線レビュー】「OK 今ならスリックが妥当な選択だ」ノリス初ポールの…

  7. 【2019F1】日本GPチケット価格と各席の特徴!おすすめの席はココ!…

  8. 【2020】F1グランプリを完全無料で1ヶ月間視聴する方法を解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPECIAL POSTS【スペシャル】

  1. Women's gym

    FURDI(ファディ―)の特徴や料金と無料体験の…
  2. Diet food

    KETOS(ケトス)の特徴や口コミからオススメの…
  3. Body make

    初心者こそ使うべき!もう1レップを可能にする筋ト…
  4. F1

    【完全ガイド】2022年F1GPのTV視聴手順を…
  5. Gym

    カーブスとファディは何が同じで何が違う?それぞれ…
  6. Diet food

    Dietician(ダイエティシャン)の特徴とプ…

POPULAR POSTS【人気】

  1. Body make

    マイプロテイン「抹茶ラテ」飲んでみた率直な感想!…
  2. Life

    フォルツァSiのリアブレーキパッド交換手順・必要…
  3. Body make

    【マイプロテイン】アルファメンの特徴と意外でビッ…
  4. Diet

    ホットヨガスタジオでダイエット効果を下げるNGな…
  5. Diet

    ホットヨガスタジオに通いたい!ダイエット目的で選…
  6. Surfing

    サーフボード7本目のネット購入はDHDフェニック…

NEW POST【新着】

  1. Women's gym

    ファディーとボディーズの違いを教えます!それぞれ…
  2. Women's gym

    Bodies(ボディーズ)特徴や料金と無料体験の…
  3. Women's gym

    FURDI(ファディー)の退会で注意すること3つ…
  4. Surfing

    サーフィンを始めたいあなたへ「覚悟して来てる人」…
  5. Body make

    コーヒー系では格別の美味しさ!マイプロテインのア…
  6. Women's gym

    カーブスとボディーズ似てるようで何か違う!比較し…
  7. Women's gym

    FURDI(ファディ―)の特徴や料金と無料体験の…
  8. Diet

    運動なしで痩せたい!脂質制限ダイエットの始め方か…

ARCHIVES