【2020F1】日本GPチケット価格と各席の特徴からタイプ別のオススメ席まで!

レッドブル・レーシングとの2年目となる2020年シーズンは、マックス・フェルスタッペンの最年少チャンピオンと、ホンダのタイトル争いが期待できるシーズンとなっていますが、世界的な新型ウイルスの影響で開幕がいつになるのかも不透明な状況が続いています。

そういった状況の中、2020年F1日本グランプリの各席のチケット価格が発表になっています。そこでこちらでは、2020年10月9日(金)に開幕となるF1日本グランプリのチケット価格と、各席のメリットやデメリットを比較して、観戦者のタイプ別でのオススメ席までをまとめています。

* 2020年F1日本グランプリは新型肺炎ウィルスの影響で中止が決定しています。

国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策などを踏まえ、慎重に検討を重ねて参りましたが、現段階で海外からの渡航に関する規制解除の見通しが立っていない社会状況および国際的に大規模な移動を伴うイベントの特性を鑑み、開催中止を判断いたしました。
引用元:鈴鹿サーキット

 

【2020F1】日本GPのチケット価格と各席の特徴【メリット・デメリット】

● 指定席(大人1名)【東エリア】・・・20,500円〜81,200円
● 自由席(大人1名)【西エリア】・・・9,500円 *I席を除く

鈴鹿サーキットの観覧席は大きく分けて「指定席」「自由席」の2つの区分とエリアがあります。それでは本番のレース同様に、日本GPが行われる鈴鹿サーキットの各観客席の価格と特徴をメリットとデメリットに分けてご紹介していきます。

* 全ての券種は3日間通しの価格となっています。




V1席(グランドスタンド下段)【V1-1〜V1-2】


券種 区分 価格
V1 大人(24歳以上) 66,500円
V1 U23(中学生除く) 11,000円
V1 子供(3歳〜中学生) 3,500円
V1-2・3 グループ(2~6名) 122,600円(2名)~240,600円(6名)

【メリット】
● セパレートシートの指定席
● コースとグリッドに最も近いからド迫力
● 各種セレモニーやピット作業等が見れる
● 座席までのアクセスが良い
● 売店等の施設が充実
● 大型ビジョン3台

【デメリット】
● 下段の席だから遠くまで見渡せない
● フェンスが邪魔
● 写真撮影には不向き

グランドスタンドの下段の席がV1席となります。基本的にフェンス越しでの観戦となります。但し、コースに最も近いために、マシンの迫力とスピード感を感じるには最適な席だと言えます。

V1席は、1コーナー側(V1-1)・中央(V1-2)・最終コーナー側(v1-3)の3つのエリアに分かれた指定席となっています。尚、2020年はV1-2,V1-3はグループ向けのエリアが設けられています。

V2席(グランドスタンド上段)【V2-1〜V2-12】


券種 区分 価格
V2-1~V2-12 大人(24歳以上) 68,700円~81,200円
V2-1~V2-12 U23(中学生除く) 47,200円〜81,200円
V2-1~V2-12 子供(3歳〜中学生) 3,500円~81,200円
V2-2,3,6,9 グループ(2~6名) 133,000円(2名)~322,800円(6名)

【メリット】
● セパレートシートの指定席
● スタート・ゴールとピット作業が見える
● アクセスが良く、売店等の施設が充実
● 屋根付き
● 大型ビジョン3台

【デメリット】
● チケット価格が高額
● 即日完売が必至
● S字側のピットビルディングが邪魔

グランドスタンドの上段部分の席で、最も高額な価格帯となる席となるのがV2席です。このV2席は12のエリアに分けられ、上段の席になるほど価格も高額になります。しかしV2席は、グランドスタンド上段の席のために、下段のV1席と比べてメインストレートだけでなく、東コースの一部のコーナーも見渡すことができます。

それぞれの席の特徴としては、1列目から6列目までのV2席の下段に位置するV2-1~V2-6席は、最終コーナーからメインストレート全体までカバーすることができますが、下段に位置するために上段の席と比べるとすべてをカバーすることは難しいです。

最終コーナー側のV2-9・12席は、最終コーナーからメインストレート全体、さらに東コース終盤のダンロップコーナーから西コースへ消えていくところまでが見渡せます。

1コーナー側のV2-7・10の席は、最終コーナーから1、2コーナーまでが見渡せ、上位チームのピットと上位グリッドのマシンが目の前にあるために人気があります。中央のV2-8・11の席は、最終コーナーからメインストレート全体をバランスの良く見ることができます。

A1席(メインストレート)【A1〜仮設席】


券種 区分 価格
A1(仮設席) 大人(24歳以上) 44,500円〜46,500円
A1(仮設席) U23(中学生除く) 30,400円〜32,600円
A1(仮設席) 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● 最もエキサイティングなシーンが見られる
● ピットアウト後のマシンが見られる
● 大型ビジョンあり

【デメリット】
● ストレート後半と1コーナー以外は見えない
● フェンスが邪魔
● 写真撮影には不向き

メインストレート後半から1、2コーナーを見渡すことが出来ます。F1マシンがスタートから1コーナーに突っ込んで行く迫力のシーンが目の前で展開されます。また、最高速に限りなく近づくポイントなので、音とスピードの迫力を最も感じられる場所の一つともなって人気の席がこのA1席となります。

2020年は仮設席も設けられますが、A1席よりも若干遠くまで見渡すことができるために、若干高めの料金設定となっているようです。

A2席(メインストレートエンド)


券種 区分 価格
A2(仮設席) 大人(24歳以上) 55,000円
A2(仮設席) U23(中学生除く) 33,800円
A2(仮設席) 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● 1コーナーに飛び込むマシンが見れる
● リーダーボードで順位の確認が容易
● A2専用の大型ビジョン

【デメリット】
● 仮設席のためトイレ等が混雑
● フェンスが邪魔
● 写真撮影には不向き

1コーナーの手前に設けられた仮設席がA2席です。F1マシンが1コーナーをほぼアクセル全開で飛び込んでいくシーンから、2コーナーの出口付近までを見渡す事ができます。コース幅いっぱいを使って走行する各ドライバーの「技」を見ることができます。また上段の席を確保できれば、S字コーナーの進入までを見ることも可能です。

B2席(第1コーナー~第2コーナー)【B2-1〜B2-3】


券種 区分 価格
B2-1〜B2-3 大人(24歳以上) 56,300円〜66,400円
B2-1〜B2-3 U23(中学生除く) 43,000円
B2-1〜B2-3 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● 東コースの約3分の1を一望できる
● 売店等の施設が充実している
● 大型ビジョン

【デメリット】
● 価格が高めの設定
● コースと距離がある

B1席の2階席にあたるB2席は、1、2コーナーに加えてS字まで見られるのが特徴です。また、席によってはダンロップコーナーまで見渡すことができます。東コースの約3分の1をカバーできる席で人気のエリアです。

このエリアは、3つのブロックに分けられています。1コーナー側のB2-3はS字側は見えに難い反面、メインストレート後半から1、2コーナーまでを見ることができます。逆サイドの2コーナー側のB2-1席は2コーナーが正面に、S字やダンロップコーナーが見えやすいのがポイントです。

そして、中央のB2-2は1、2コーナーのちょうど中間が真正面となりますので、バランスよく東コースを見渡せるそれぞれの特徴があるエリアとなります。但し、コースから遠く高めの価格設定が難点です。




B1席【1コーナー~2コーナー】


券種 区分 価格
B1 大人(24歳以上) 46,700円
B1 U23(中学生除く) 32,500円
B1 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● 迫力ある1コーナーへの飛び込みが見れる
● 売店等の施設が充実している
● 大型ビジョンあり

【デメリット】
● フェンスが邪魔
● 写真撮影には不向き

B2席の1階部分になるB1席は、1、2コーナーを見渡すことができます。しかし、1階席のためフェンス越しでの観戦となります。とはいえ、コースと近いために時速300km近いスピードで飛び込んでくるマシンの迫力を十分に感じることができます。

C席(ホンダ応援席)【下段〜上段仮設席】


券種 区分 価格
C下段〜C上段仮設 大人(24歳以上) 30,900円〜43,400円
C下段〜C上段仮設 U23(中学生除く) 22,000円〜31,300円
C下段〜C上段仮設 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● ホンダ応援席
● 応援グッズの特典付き
● F1マシンの迫力ある加速が見られる
● 売店等の施設が充実している
● 大型ビジョン

【デメリット】
● 下段はフェンスが邪魔

2020年はC席全部がホンダ応援席となっています。C席は2コーナーとS字の間にある横長のスタンドです。また、応援グッズ付きのチケットとなっています。このC席は「下段」「中段」「上段」「上段・仮設席」の4段階に区分され、上段の席になるほど価格も高めの設定になっています。売り切れ必至のチケットとなるでしょう。

D席(S字コーナー~逆バンク)【D1~D5】


券種 区分 価格
D-1〜D-5 大人(24歳以上) 20,500円〜40,400円
D-1〜D-5 U23(中学生除く) 15,700円〜28,300円
D-1〜D-5 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● 価格がお手頃
● 写真撮影には最適
● 休憩所が近く
● 売店等の施設が充実

【デメリット】
● オーバーテイクはほぼない
● D1,2,3は大型ビジョンがない
● カメラマンが多い

S字を過ぎて逆バンクの前に設置されているのがD席となります。2コーナーからS字までの一連の流れが楽しめます。このエリアは、ドライバーの腕の差がタイムに現れる重要なセクションを見ることができます。

D席は5つのブロックに分かれおり、それぞれの価格に違いがあります。D-1、2、3席は逆バンクを囲むように設置され、2コーナーからS字まで見渡せるのがD-4、5席となっています。中でも人気なのが2コーナーからS字までの一連の流れを見ることができるD-5席です。当然、D-5席が最も高い価格になっています。

E席(ダンロップ コーナー)【E1~E2】


券種 区分 価格
E-1〜E-2 大人(24歳以上) 16,200円〜32,000円
E-1〜E-2 U23(中学生除く) 11,000円〜12,700円
E-1〜E-2 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● コースが近く迫力がある
● 価格が安い
● 売店等の施設が充実

【デメリット】
●見える範囲が狭い
● E-1は大型ビジョンが見えない

ダンロップコーナーの内側に設置されているのがE席です。このE席は2つのエリアに区分され、その価格にも違いがあります。逆バンクからダンロップコーナー入口までが見えるE-2席に対し、E-1席は大型ビジョンが見えませ。またE席は見える範囲が狭いために、F1マシンは目の前を一瞬で過ぎ去ります。

そしてE-1席は大型ビジョンが見えないために、レース展開を把握し難いのが難点。但し、東コース最安の価格設定となってお得感があります。また、コースが近いのでF1マシンの迫力を感じることが出来ます。




西エリア【G・L・M・N・O】*I席除く


券種 区分 価格
G.L.M.N.O 大人(24歳以上) 9,500円
G.L.M.N.O U23(中学生除く) 16,500円
G.L.M.N.O 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● 価格が最安
● 自由に移動できる
● ゆったりのんびり観戦
● 写真撮影に最適

【デメリット】
● アクセスが大変
● 大型ビジョンがない

Gエリア(130R・立体交差)、L・M・Nエリア(スプーン)、Oエリア(西ストレート)のどこでも自由に観戦することができます。但し、観覧席の設置がありませんので、各自イスやマット等でのスペースの確保が必要となります。

ゆったりのんびり観戦したいグループや個人にはオススメめのエリアです。また、写真撮影にも最適なエリアです。特に、低速区間となるL・M・Nエリア(スプーン)がオススメです。

I席(ヘアピン)


券種 区分 価格
I 大人(24歳以上) 38,200円
I U23(中学生除く) 26,200円
I 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● シャッターチャンスが多い
● フルブレーキングと加速が見られる
● オーバーテイクポイント
● 大型ビジョン

【デメリット】
● アクセスが大変
● カメラマンが多い

ヘアピンを一望できる席でオーバーテイクポイントとなるのがI席です。立体交差下からヘアピン全体、そして200R入口までが見渡せます。フルブレーキングで減速し、すぐにアクセル全開で立ち上がっていく一連の流れが見られます。また、最も低速のコーナーということで写真撮影には最適です。

Q2席(日立オートモティブシステムズシケイン)


券種 区分 価格
Q2 大人(24歳以上) 51,900円
Q2 U23(中学生除く) 35,700円
Q2 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● 強烈なブレーキングが見られる
● オーバーテイクが見られる
● 見える範囲が広い
● 大型ビジョン

【デメリット】
● 正面からの日差し
● 価格設定がやや高め

B2席に次いで見渡しの良い席として人気となっています。鈴鹿サーキットでは最も高い位置に設置されたスタンドのために見晴らしが抜群。東コースのほぼ全体を確認することもできます。また、オーバーテイクポイントともなっているので、レース展開によっては盛り上がるエリアともなっています。

このQ2席は3つのエリアに分けられているために、見え方に違いがありますが価格には違いはありません。時速300kmで130Rを駆け抜けてきたマシンが、シケインに向けて強烈にブレーキングして減速する迫力のシーンを見ることができる人気のエリアです。

Q1席(日立オートモティブシステムズシケイン)


券種 区分 価格
Q1 大人(24歳以上) 32,000円
Q1 U23(中学生除く) 22,000円
Q1 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● エンジンサウンドが楽しめる
● F1マシンのフル加速が見られる
● アクセスが良好で施設も充実している
● 価格がお手頃
● 大型ビジョン

【デメリット】
● フェンス越しの観戦
● 写真撮影には不向き

シケインの出口近くにある席。シケインの進入からメインストレートの途中まで見渡すことが出来ます。シケインの出口からフル加速の迫力満点のF1マシンを見ることができます。特に、フル加速時のエンジンサウンドは鳥肌ものです。但し、フェンス越しの観戦が難点です。




R席(最終コーナー)


券種 区分 価格
R 大人(24歳以上) 47,700円
R U23(中学生除く) 11,000円
R 子供(3歳〜中学生) 3,500円

【メリット】
● アクセル全開でフル加速のF1マシンが楽しめる
● スタート・ゴールが確認できる
● アクセスが良く周辺の施設も充実

【デメリット】
● シケインの飛び込みは見えない
● 下段の席はフェンスが邪魔

最終コーナーの正面に設置される席となります。最終コーナーをフル加速していくF1マシンを、メインストレートエンド近くまで見ることができます。また、DRSのオン・オフの変化も後ろから確認することも可能です。さらに、ピットインするマシンも見ることもできます。但し、下段の席はフェンス越しの観戦になります。

S席(ファミリーシート)


券種 区分 価格
S 大人1名子供1名 48,200円
S 大人1名子供2名 50,500円
S 大人2名子供1名 87,800円
S 大人2名子供2名 89,800円
追加 大人(24歳以上) 47,700円
追加 U23(中学生除く) 33,400円
追加 子供 3,500円

【メリット】
● ファミリーに最適
● お得な価格設定
● アクセスが良く施設が充実
● 大型ビジョン

【デメリット】
● フェンスが邪魔
● 写真撮影には不向き

最終コーナー終盤の正面にあるS席は全てがファミリーシートになっていますので、ファミリー以外の入場が出来ません。シケインを立ち上がり、最終コーナーを駆け抜けてくるマシンをほぼ真正面から見ることができます。

2020年F1日本GPチケット発売日

● 2020年4月19日(日)10:00〜【V1・V2・C席(応援席)】
● 2020年5月17日(日)10:00~【全指定席券・ファミリーシート】
● 2020年7月05日(日)10:00~【西エリア】

2020年F1日本GPの各チケットの発売日は、券種やエリアによって違いがあります。その他、詳しいチケットの発売日の確認はこちらの鈴鹿サーキット公式サイトで確認してください。

2020年F1日本GPチケット購入方法

● MOBILITY STATION(公式)
● ローソンチケット(WEB,TEL)
● ローソン店頭(Loppi)
● ミニストップ店頭

2020年F1日本GPの各チケットは上記4つの方法と場所で購入することが出来ます。但し、その購入方法や購入場所によって、チケットの「配送料」や「発行手数料」の金額に違いがあります。詳しい購入方法や「配送料」「発行手数料」はこちらの鈴鹿サーキット公式サイトで確認してください。

【タイプ別】オススメの席はココだ!

タイプ オススメ席
● 最高の席で見たい! V2-8・V2-11席
● 盛り上がりたい! C席上段
● F1マシンの凄さを見たい! B2-2席
● 広範囲に見たい! Q2-3席
● 最安で観戦したい! 西エリア
● 写真撮影メインだ! I席
● 家族で観戦する! S席

2020年F1日本GPが行われる鈴鹿サーキットは販売されるチケットの種類が多く、またどのエリアが最適な観戦ポイントが分からないと思われる方も多いかもしれません。

そこで、各エリアの席の特徴や上記のタイプに強引に当てはめてみて、最も重視するポイントを押さえて選んでみるのがオススメです。

●  鈴鹿サーキット公式サイト




 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2018F1トロロッソ・ホンダ第14戦イタリアGP放送時間!

  2. 【2020F1】第12戦「ポルトガルGP」TV放送スケジュール【実況・…

  3. トロロッソ・ホンダ始動!トロロッソとレッドブルの関係など総まとめ!

  4. 2018F1トロロッソ・ホンダ第16戦ロシアGP放送時間!

  5. 2018F1トロロッソ・ホンダ第5戦スペインGP放送時間!

  6. 【2019F1】レッドブル・ホンダ第17戦日本GP放送時間!【BS無料…

  7. 【2020F1】第11戦「アイフェルGP」TV放送スケジュール【実況・…

  8. 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPのTV放送時間と実況・解説者

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPECIAL POSTS【スペシャル】

  1. F1

    2021年F1のTV中継はフジテレビNEXT!そ…
  2. Surfing

    DHD3DVをニューフライヤーの乗り換えに購入し…
  3. Diet

    ホットヨガスタジオに通いたい!ダイエット目的で選…
  4. Body make

    【放置プレイ】エニタイムフィットネスに通い出した…
  5. Diet

    SOELU(ソエル)無料体験レッスン予約は秒で完…
  6. Body make

    【厳選】パーソナルジムのタイプ別のオススメはココ…

POPULAR POSTS【人気】

  1. Body make

    【マイプロテイン】アルファメンの特徴と意外でビッ…
  2. Diet

    ホットヨガスタジオでダイエット効果を下げるNGな…
  3. Diet

    ホットヨガスタジオに通いたい!ダイエット目的で選…
  4. Body make

    【放置プレイ】エニタイムフィットネスに通い出した…
  5. Surfing

    サーフボード7本目のネット購入はDHDフェニック…
  6. Diet

    SOELU(ソエル)無料体験レッスン予約は秒で完…

NEW POST【新着】

  1. F1

    2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPのTV…
  2. Body make

    ダイエットで体脂肪を減らしたいなら絶対にやっては…
  3. F1

    2021年F1第7戦フランスGPのTV放送時間と…
  4. Body make

    パーソナルトレーニング2ヶ月間の流れをご紹介!週…
  5. F1

    2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPのTV放…
  6. F1

    2021年F1第5戦モナコGPのTV放送時間と実…
  7. F1

    2021年F1第4戦スペインGPのTV放送時間と…
  8. Life

    フォルツァSiのブレーキスイッチの交換手順と部品…

ARCHIVES