トロロッソ・ホンダ始動!トロロッソとレッドブルの関係など総まとめ!

2018年いよいよ「トロロッソ・ホンダ」が始動しました!ホンダは2017年までの3年間を「マクラーレン・ホンダ」としてF1参戦を行っていましたが、2017年をもってマクラーレンと別れ、2018年シーズンからは「レッドブル」の兄弟チームとなる「トロロッソ」とパートナーを組んでのF1参戦となります。

でも、この「トロロッソ・ホンダ」の「トロロッソ」って?「レッドブル」とどう違う?など、見分けがつかないと思われるF1初心者の方も多いのではないでしょうか。よく似たカラーリングとドライバーの入れ替えなどもあって混同されるのも仕方がないかも知れませんよね。

そこで今回は、2018年F1シーズン開幕を前に気になる「トロロッソ・ホンダ」について、F1初心者にもわかりやすく2018年F1プレシーズンテストの動画とあわせてお伝えしていきます。

「トロロッソ・ホンダ」バルセロナで始動!

2018年F1シーズン開幕を前に、毎年恒例のバルセロナのカタロニア・サーキットで2/26(月)から2/2(金)までの予定で4日間のプレシーズンテストが行われています。このプレシーズンテストの舞台となるカタロニア・サーキットにおいて、新生「トロロッソ・ホンダ」の2018年の新車「STR13」が発表されました。

ホンダは2018年のF1世界選手権からトロロッソにワークスパワーユニットの供給開始。また、2018年のトロロッソとのパートナーシップに向けて、昨年までの技術開発とレース現場指揮監督の責任を担ってきたF1プロジェクト総責任者のポジションを廃止して、現場の指揮に専念するテクニカルディレクターを新たに設置するなど、これまでの運営体制を変更して新生「トロロッソ・ホンダ」として順調なスタートを切っているようです。

トロロッソとレッドブルの違い

「トロロッソ・ホンダ」のトロロッソとレッドブルの違いがよくわからないF1初心者もいらっしゃるでしょう。また、ほとんど見分けがつかないカラーリングで、どっちのチームかわかり難かったかもしれません。ですが、2017年からはメインスポンサーを同じレッドブルとしながらもマシンカラーの違いから容易に見分けることができるようになりました。

そして、トロロッソとレッドブルではそのチーム運営の方法やマシン開発にも違いがあるようです。とはいえ、この両チームは世界的に有名なエナジードリンクメーカーの「レッドブル」が大きく関与している兄弟チームとなります。そこで次に、この両チームの特徴を簡単にまとめてみました。

 スクーデリア・トロ・ロッソ

  • F1参戦年・・・2006年(ミナルディーチームを買収)
  • チームオーナー・・・ディートリッヒ・マテシッツ(飲料メーカー「レッドブル」創業者)
  • パワーユニット・・・ホンダ製 RA618H
  • ドライバー・・・ ピエール・ガスリー(22歳・フランス)/ブレンドン・ハートレー(28歳・ニュージーランド)
  • 本拠地・・・イタリア

基本的にトロロッソは「レッドブル」F1チームのジュニアチームとの位置づけになっています。トロロッソは2005年に飲料メーカー「レッドブル」がミナルディF1チームを買収して誕生しました。また、この「レッドブル」は2004年にジャガーチームを買収して「レッドブル」・レーシング」としてすでにF1参戦しています。

トロロッソとレッドブルの関係は、レッドブル所属の有望な育成ドライバーをトロロッソで走らせる関係にあります。これまでのトロロッソのドライバーはすべてレッドブル所属の育成ドライバーでした。このトロロッソのドライブを経て、優秀なドライバーは「レッドブル」への昇格を果たすという図式となっています。

ちなみに、スクーデリア・トロ・ロッソの意味は、スクーデリア(チーム)・トロ(雄牛)・ロッソ(赤)を意味するイタリア語となりますが、これを英語に訳すとTeam Red Bullとなりますね。

スクーデリア・トロ・ロッソ公式サイト

レッドブル

  • F1参戦年・・・2005年(ジャガーチームを買収)
  • チームオーナー・・・レッドブル・レーシング(飲料メーカーレッドブル子会社)
  • パワーユニット・・・ルノー製 R.E.18(タグ・ホイヤーのバッチ付き)
  • ドライバー・・・ダニエル・リカルド(28歳・オーストラリア)/マックス・フェルスタッペン(20歳・オランダ)
  • 本拠地・・・イギリス

レッドブルは、トロロッソがF1参戦開始する前年にF1参戦を開始しています。世界的に有名な飲料メーカーであるレッドブルが子会社として立ち上げた「レッドブル・レーシング」が運営しています。

レッドブルは2010~2013年までの4年連続でのドライバーとコンストラクタ(製造者)の両部門でチャンピオンマシンとなっています。ですが、1.6L V6ターボとエネルギー回生システムが組み合わされた、いわゆるハイブリッドエンジンが採用された2014年シーズンから2017年までは、チャンピオン争いには加わるもののチャンピオンマシンとはなっていません。

レッドブル・レーシング公式サイト

何故、同じ車体を共有しない?

トロロッソはレッドブルの兄弟チームとなりますが、レッドブルはチャンピオンを狙えるほどのポテンシャルと位置につけています。このレッドブルの車体は、今のF1マシンの中では断トツのシャシーだと言われています。昨年、同じルノー製のパワーユニットを搭載したトロロッソと比べてもそのシャシー性能は段違いです。

ではなぜ、この優れた車体をトロロッソも使わないのでしょう。F1のレギュレーションでは、チームごとで車体を製造しなければならない規定があります。なので、「トロロッソ」「レッドブル」それぞれで車体を製造しなければなりません。部品の供給はOKではあっても、その車体の製造はトロロッソ自身が行わなければならないのです。

このレッドブルの車体造りに大きく関与しているのが、レッドブル・レーシングの優れたシミュレーション施設だと言われています。そこで今年のトロロッソは、このシミュレーション施設や空洞施設を利用して車体造りの開発が行われていくようです。

また、トロロッソの車体造りに強く関与するレッドブルの思惑は兄弟チームのポテンシャルアップと同時に、2019年からのホンダパワーユニットの搭載を検討していることもあってのことのようです。今のF1はパワーユニットと呼ばれるハイブリッドエンジンが採用されていますが、ルノー製のパワーユニットに不満を抱えるレッドブルにとっては、ジュニアチームであるトロロッソを使ってホンダ・パワーユニットの実力を確かめたいとの考えもあるようですね。

ホンダはパワーユニットで結果を残すことが大事!

ホンダは2018年のトロ・ロッソとのパートナーシップに向けて、現場の指揮に専念するテクニカル・ディレクターを新たに設置するなど意欲的にトロロッソとの共同作業に取り組んでいるようです。また、2017年版のパワーユニットの基本設計を継続することからも信頼性とパワーの両面をプッシュしていくことになります。

パワーユニットを一新した2017年のプレシーズンテストでのトラブル続きだった状況とは違い、今回のプレシーズンテストでは順調に周回数を重ねていることからもわかるように、多くの走行データと共にマシンの信頼性を確認できるだけの十分な走行距離を稼げていることは大変ポジティブなニュースではないでしょうか。

2018年シーズンのトロロッソは、親チームのレッドブルも大きく関与してくることからも、ミッドフィールドの一番上であるコンストラクター4位の戦いが期待されています。また、ホンダにとっても今シーズンの結果次第ではレッドブルへのパワーユニット供給が見えてくるでしょう。そうなることでまた、ホンダのF1での再びの頂点も見えてくるのではないでしょうか。

2018年のF1はTVで観たい!その視聴方法を詳しく解説

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【2020F1】第3戦ハンガリーGPのTV放送スケジュール【実況・解説…

  2. 【2020F1】第6戦「スペインGP」TV放送スケジュール【実況・解説…

  3. 2018F1トロロッソ・ホンダ第5戦スペインGP放送時間!

  4. 2019F1レッドブル・ホンダ【トロロッソ・ホンダSTR14】新車発表…

  5. 【2019F1】レッドブル・ホンダ第3戦中国GP放送時間!

  6. 【2020F1】第3戦ベトナムGPのTV放送スケジュール【実況・解説者…

  7. 2018F1トロロッソ・ホンダ第4戦アゼルバイジャンGP放送時間!

  8. 2021年F1のTV中継はフジテレビNEXT!その視聴手順を徹底解説!…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPECIAL POSTS【スペシャル】

  1. F1

    2021年F1のTV中継はフジテレビNEXT!そ…
  2. Surfing

    DHD3DVをニューフライヤーの乗り換えに購入し…
  3. Diet

    ホットヨガスタジオに通いたい!ダイエット目的で選…
  4. Body make

    【放置プレイ】エニタイムフィットネスに通い出した…
  5. Diet

    SOELU(ソエル)無料体験レッスン予約は秒で完…
  6. Body make

    【厳選】パーソナルジムのタイプ別のオススメはココ…

POPULAR POSTS【人気】

  1. Body make

    【マイプロテイン】アルファメンの特徴と意外でビッ…
  2. Diet

    ホットヨガスタジオでダイエット効果を下げるNGな…
  3. Diet

    ホットヨガスタジオに通いたい!ダイエット目的で選…
  4. Body make

    【放置プレイ】エニタイムフィットネスに通い出した…
  5. Surfing

    サーフボード7本目のネット購入はDHDフェニック…
  6. Diet

    SOELU(ソエル)無料体験レッスン予約は秒で完…

NEW POST【新着】

  1. F1

    2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPのTV…
  2. Body make

    ダイエットで体脂肪を減らしたいなら絶対にやっては…
  3. F1

    2021年F1第7戦フランスGPのTV放送時間と…
  4. Body make

    パーソナルトレーニング2ヶ月間の流れをご紹介!週…
  5. F1

    2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPのTV放…
  6. F1

    2021年F1第5戦モナコGPのTV放送時間と実…
  7. F1

    2021年F1第4戦スペインGPのTV放送時間と…
  8. Life

    フォルツァSiのブレーキスイッチの交換手順と部品…

ARCHIVES